電話番号:04-2928-0050

HOME >  歯列矯正治療例 >  その他治療例 >  叢生(でこぼこ、乱くい歯)の治療例3~下顎前歯先天欠如症例~

叢生(でこぼこ、乱くい歯)の治療例3~下顎前歯先天欠如症例~

その他治療例目次に戻る

成人の叢生3(唇側矯正装置、抜歯)

矯正歯科|東久留米市
初診時正面

歯列矯正|東久留米市
初診時上顎

叢生治療例
初診時下顎

成人女性の患者様。上下の歯の凸凹と口唇の突出感を気にされての来院でした。全身状態は健康で、やや虫歯の治療痕が多いですが口腔衛生状態は良好、歯周組織の状況にも特筆すべき所見は認められませんでした。
下顎の前歯が1本先天的に欠如しています(3incisors)。もし、3incisorsでなければ上下顎第一小臼歯4本を抜歯する症状ですが、左右対称にするために変則的ではありますが上顎左右側の第一小臼歯と下顎右側側切歯を抜歯部位として選択しました。矯正装置は唇側矯正装置、セラミックブラケットです。

矯正歯科|東久留米市
治療開始16ヵ月正面

矯正歯科|東久留米市
治療開始16ヵ月上顎

叢生治療例
治療開始16ヵ月下顎

治療開始16ヶ月目の口腔内写真。叢生はほぼ改善されています。あとは上顎の前歯を後退させて口元の突出感の改善をはかるだけです。正面の写真から下顎のワイヤーがL字型に屈曲されていることがわかります。これをループといいます。主に隙間を閉じる際に屈曲することが多いです。

矯正歯科|東久留米市
終了時正面

矯正歯科|東久留米市
終了時上顎

叢生治療例
終了時下顎

治療期間は21ヵ月でした。本症例は歯の形態のバランスがとても良く見栄えがします。女性の歯にしてはやや男性的な特徴を強く持っているといってもいいかもしれません。女性と男性の歯の形態を比較すると女性の方が男性よりも丸みを帯びていることが多いです。男性の歯は角ばっていていかにも闘いには適していそうな形態をしていることが多いです。これも進化の過程の淘汰なのでしょうか。なお、Case4は上顎両側側切歯が先天欠如の症例でしたが、この症例は結果的に下顎側切歯の代わりに犬歯が位置しています。

NEXT→CASE6上顎前突2(クリアアライナー、非抜歯)

その他治療例目次に戻る